交通事故慰謝料の金額の決め方

交通事故慰謝料には、入通院に対するものと、後遺障害に対するものとがあります。自賠責保険では、被害者に対し最小限の補償をおこなっており、慰謝料の算定基準ははっきりと決まっていて、公開されています。

自賠責基準では、入通院慰謝料については、けがの重傷度は影響せず、入通院日数と頻度だけで金額が決まり、入院も通院も同じように扱われます。弁護士をつけると、裁判基準による交通事故慰謝料を得ることが可能になります。裁判基準では、けがの重傷度が大きく影響し、ひき逃げや証拠隠滅などがあった場合は、慰謝料が増額されます。

弁護士に交通事故相談を行い、慰謝料を増やす

もし不運にも、自分や家族のだれかが交通事故にあって傷害を負えば、とても不安に思うものです。その状況の中で、法律の素人の私たちが示談交渉を行うのは、極めて難しいことです。その場合、弁護士事務所が交通事故相談にのってくれます。

弁護士に代理交渉を頼めば、賠償金・慰謝料も増加することが多いです。また、直接交渉を行うため、相手方と話がこじれて不快な思いをするようなこともありません。困難な状況まできてから相談を始めるより、事故が発生したらすぐに相談を行った方が、スムーズに進むことが多いことも覚えていた方がよいです。

交通事故相談を行い適正な慰謝料をもらうには

交通事故に遭うと、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準の中から慰謝料を請求することが出来ます。普通になにも行わなければ、自賠責保険基準の金額で、賠償金を請求することになりますが、自賠責保険基準は、とても低く設定されているので、多くの人が提示金額に納得が行きません。

そんな方が、交通事故相談に訪れるのが、法律事務所です。弁護士基準は、3つの基準の中で一番高額な金額を提示してもらうことが出来るので、自賠責保険基準の慰謝料の、数倍の金額を請求することが出来るケースもあります。提示された金額に、納得が行かない場合は、相談してください。

事故で死亡した人の年齢は交通事故慰謝料に関係するのか

自動車を所有する人が多い昨今では、交通事故も多発しています。また、ライフスタイルの多様化などによって、そのようなことが増え続ける要因にもなっています。交通事故は、様々なことが重なっておきます。夜中や明け方などの暗い時や、雨や霧で見づらい時なども多発しやすくなります。

もちろん、被害者及び加害者が死に至ることもあります。遺族は悲しみにくれますが、交通事故慰謝料を受け取ることで、その後の生活の基盤を取り戻すことになります。千葉や茨城などの通勤が自動車となりえる地域では、事故も日々多発しています。交通事故慰謝料は年齢でも異なります。その背景には、主に一家の大黒柱として家計を支えている人とそうでない人とでは、もともとの収入に差がありますので、そのようになることが多いです。

収入がなくなると、単純に生活が不可能になります。葬儀などでの出費なども鑑みると、借金をせざるを得ない状況に陥る場合もあります。そのため、扶養人数などによっても金額が異なることも多く、若年層と老年層の中間に位置する、働き盛りの年代の男性においては、多額の慰謝料を受け取ることになる可能性も高くなるのです。悲しみなどの感情の部分とは別に、収入も重要となります。

交通事故で被害を受け、保険金で納得ができず慰謝料や賠償金の請求を考えるなら

交通事故で被害を受け、保険金で納得ができず慰謝料や賠償金の請求を考えるなら弁護士に相談しましょう。無料の交通事故相談を受け付けている事務所もあります。けがや精神的苦痛を伴っている中で、交渉をするのは大変なことです。

治療に専念することもできません。保険会社は、加入している保険の内容に従い、必要最小限のことしかしません。加害者の保険会社と交渉することはまずありません。弁護士は独自の基準に従った額を請求します。保険会社の提示額より増額されるケースがたくさんあります。費用がかかりますが、保険会社との煩雑な手続きを避けられるでしょう。

交通事故慰謝料の相談とは

遺族が交通事故にあってしまい、不幸にも亡くなってしまった場合には、交通事故慰謝料が発生します。遺族にとって亡くしてしまったショックは大きく、慰謝料どころではないかも知れませんが、対応によって交通事故における、死亡事故の慰謝料金額は変わります。

まず慰謝料には3種類の基準があります。加害者側の保管会社が支払いに応じますので、安い基準でのやり取りをするとされています。そのような場合にきちんと対処するには、交通事故を得意としている弁護士事務所や、専門の機関に相談することです。簡単なことではありませんが、もらえる権利でありますので、きちんと対応することが重要になります。

交通事故示に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら