事例によって変化する交通事故慰謝料

交通事故に巻き込まれた場合、自賠責保険など加入している保険担当者を交えてやり取りをします。もし提示された交通事故慰謝料に納得がいかない場合はどうすればいいのでしょうか。全国各地に、交通事故の問題に強い弁護士がいます。

泣き寝入りせず相談することで、当初の提示額より高い金額を請求できた事例もあります。最近では初回相談を無料で行っているところもありますし、保険によっては弁護士費用を負担してもらえるところもあります。突然の事故に遭遇してパニックに陥ってしまうかもしれませんが、そんなときこそ慌てずに落ち着いて行動することが大切です。

交通事故慰謝料についての事例内容

交通事故慰謝料についての事例内容については、引き上げについてのことが大半になることでしょう。それほどまでに自分で交渉することと弁護士などの専門家に依頼することで、交渉内容に開きが出てくることがあげられます。

このことについては今まで知らなかった人も多かったですので、中には損をしてしまった人も多くいることでしょう。しかしながら、最近では多くの人に知られるようになりましたので、被害者側が交通事故相談をする人が増えているそうです。交通事故の被害については、しっかりと慰謝料を受け取れるようにしたいですね。

交通事故慰謝料で弁護士に依頼した事例

交通事故について、弁護士に依頼する場合もあります。死亡事故や重傷を負った場合には、刑事事件扱いとなるので、裁判を行わなければいけません。その時、被害者側には慰謝料が支払われますが、弁護士に依頼した事例を見てみると、先に提示されていた金額よりも、増えていることが多いです。

それには、被害者が受けた精神的苦痛や、後遺障害が残った場合に、介護に掛かる費用や設備投資についても、交通事故慰謝料として含まれます。また、裁判で争われる中には、過失割合が変更される場合や、後遺障害の等級が見直されることもあります。

交通事故慰謝料 自身に起こった事例

ある人のお話しですが、交差点を車で信号待ちをしていた時、後ろから他の車に追突され、その相手と今後の対応についての話になったそうです。警察に電話をして処理してもらおうと伝えても、相手は交通事故慰謝料として二百万でどうですかと話を持ち掛けてきたそうです。

本人としては金額の方に目が行ったそうですが、冷静に考えると金額の大きさやお金の受け渡しをするまでの流れを考えるとやはり怖いものがあり、半場強引に警察に通報し事故処理をしてもらい自動車保険会社を通しての処理で進めたらしいのですが、その後は相手方と揉めたりと保険会社が仲介してくれなかったらと思うと恐ろしい事例だったと振り返ったそうです。

交通事故慰謝料を相談するなら法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

船橋・津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

交通事故示に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら