消費者金融以外の機関にも過払い請求と時効について

過払い請求のコマーシャルをテレビで見る事も良くありますが、常に消費者金融に対して行うだけではありません。

時にはクレジットカードの会社に対して過払い請求をする事もあります。

また消費者金融を相手に手続きを行う場合であっても、すべての人が返済に困っているという分けではありません。

返済がすべて終わってから消費者金融に対して過払い請求を行う事も多い様です。本来支払い過ぎている分を取り戻すだけですので、本人がどうしたいのかという意向により決める事ができます。

もし借り入れがあるかもしれないと心当たりがある人は早めに対処しましょう。

過払い請求には返済から10年以内という時効がありますので、それまでには請求が可能なのかどうかという事を調べたいですね。

時効が過ぎても対応しますという弁護士もいる様ですが、やはり期間内に行った方がはるかにお金が戻ってくる可能性は高まる事でしょう。

過払い請求訴訟について

過払い金の返還を求めて業者が任意に支払ってくれない場合には、過払い請求訴訟を提起することで、勝訴すれば強制的に回収することが可能となります。すでにグレーゾーン金利を基にして支払われた利息は無効であるというのが確定した判例であるため、きちんと主張・立証をすることができれば確実に勝訴することができます。

ただし、権利はあっても適切な訴訟活動がなされなければ当然に敗訴の可能性はあります。そのため、過払い返還の訴えを起こすのであれば、弁護士に相談して代理人となってもらうべきです。大阪にはたくさんの優秀な弁護士がいるため、依頼先には困りません。

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら