司法書士事務所に自己破産や相続について相談

不動産業者として働いている場合、不動産売買に伴う所有権や抵当権に関する登記などで司法書士事務所を利用することは多いですが、一般の方の場合はあまり利用する機会はないでしょう。

しかし、相続などによって不動産の所有権を引き継いだ場合は、一般の人でも司法書士に相続に伴う登記申請を依頼することがあります。

また、司法書士事務所の中には、登記申請業務に限らず、借金問題について取扱っている事務所も増えており、借金による任意整理や自己破産などについて相談をすることも出来ます。

最近はネットユーザーが増えていることもあり、司法書士事務所も営業の為にホームページを作っている事務所が多くなっているので、ネットで最寄の事務所を見つけることが出来ます。
あらかじめ調べておいてはいかがでしょうか。

義務だと思っているその利子は司法書士に相談

高い利子でお金を借りている方、利息を払いすぎてはいませんか?18%を超える利子を払い続けている方、またはクレジット会社や消費者金融と長い間取引がある方は過払い金があるかもしれません。

しかし、弁護士や司法書士に相談するのはお金が掛かりそうだし不安だと思っている方、悩んでいるよりまずは相談するのがベストです。悩んでいる間も払う義務のないお金を払い続けている事になりますし、借金相談をする事で取り戻すことが出来なくとも最善の案が導き出せるかもしれません。一人で悩んでいるより一度司法書士に相談する事をお勧めします。

司法書士になってからの勉強時間はどれくらい?

司法書士は試験に合格してからも学ぶことがたくさんあります。試験はあくまでも基礎的なことが理解できているかの確認になります。仕事でその知識を使えるようになるには、さらに勉強を積み重ねていく必要があります。

書類の書き方、離婚問題や債務整理に対処するための知識を身につけることが求められます。人によっては試験対策時よりもキツイと感じるケースがあります。したがって、司法書士に合格したからといって油断することのないようにしてください。

司法書士試験に合格したら、早い段階で仕事に向けて勉強を始めることが重要です。

司法書士に支払う報酬とは

大阪でもどこの司法書士であってもその報酬を支払うときは、所得税や復興特別所得税を源泉徴収する必要があります。

源泉徴収の対象となるのは報酬、料金等は司法書士の仕事によるものです。謝金、調査費、旅費等もこれに含まれます。しかし含まれないものもあり、それは登録免許証や支払い手数料等の支払はれたことが明らかな場合や、交通費や宿泊費等を支払い者が直接、交通機関やホテル等に支払った場合は含まれません。また料金等の中に消費税が含まれているときは、原則として消費税を含めた額が源泉徴収の対象になります。しかし、請求書で料金等が明確に分かれているときは、その料金の額だけが源泉徴収の対象になります。

司法書士の仕事内容について

司法書士の仕事は弁護士と同じで、法律を専門としているエキスパートになります。仕事内容は多岐にわたり、弁護士が行う借金相談などの業務も行っています。司法書士においても、債務整理をおこなうことができますので、借金の相談にのることは可能です。

しかしながら、借金相談には法律で定められている制限があり、その制限によると140万円以上の対応ができないとされています。140万円以上の借金がある場合には、法律事務所を訪ね弁護士に依頼することをおすすめします。いずれにしても、専門的な内容になりますので、専門家に相談することをおすすめします。

遺留分減殺請求をするなら司法書士もしくは法律事務所に相談

自分の両親が亡くなってしまい、遺言状には自分の名前がなかった場合でも、子供であれば遺留分減殺請求をかけることができます。こちらは法律で決められている一定の金額を、財産分与を受けた人に対して行えるというもので、財産分与の権利があったことを知らない場合には10年以内であれば請求をかけることができます。

この場合でも相手の人と揉めることが想定されるような場合には事前に司法書士へ依頼して第3者として間に入ってもらうことができます。当事者だけですといざという時にトラブルに発展しやすいので、そういったトラブルを避けるという意味でも法律事務所など専門家に依頼すると安心です。

債務整理、自己破産に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら