多重債務者が過払い請求できますか

多重債務の状態が過去形なのか現在進行形なのかで違ってきます。過去形であって、すでに 取引が終了して借金の返済が終わっていれば、グレーゾーンで払いすぎた分のお金は、過払い請求すれば戻ってきます。返してもらう権利があります。

取引が終わってから10年で請求する権利が消失してしまうので、早めに弁護士などに相談する事が大事です。取引期間が長く、支払っている金額も高いほど戻ってくる過払い金は高額になります。貸金業者と現在も取引をしていて多重債務に陥っている方の場合は、過払い金の返還請求を行ってもお金は返ってきません。返してもらったお金を返済に回せればいいのですが、できません。債務整理になってしまいます。

多重債務者が過払い請求をするメリット

多重債務をかかえている人が過払い請求をするメリットは一体どこにあるのでしょうか?最大のメリットはお金が戻ってくるということでしょう。すでに返済しているお金ですので自分のお金ではないと思っていた分が戻ってくるのです。

借金の返済が完了して、今はお金に困っていなかったとしてもあって困るものではありません。今返済中の人でしたら戻ってきたお金を返済にあてることもできますし、弁護士に交渉してもらった結果、返済額から差し引いてもらって、結果的に全体の返済金額を減らすことができたという人もいます。どういった形で過払い金を返済してもらうかは交渉次第です。

過払い請求で多重債務を整理しよう

多重債務にお困りの方は、弁護士に相談をし、債務整理を行いましょう。債務整理は、今ある借金の減額を目的に、金融機関と交渉を行います。利息など多く支払ってしまっている金額に対して、利息制限法に基づいて過払い請求をすることで、返金が可能です。

返金されたお金を、そのまま借金返済に充てる事ができ、借金の減額が出来ます。既に借金の返済が終わっている方には、自分のお金として懐に入り、ある意味ボーナスみたいに入ってきます。債務整理は、私生活を制限することなく、減額を行えます。過払いが無いか確認、もしくは過払い請求をするなら、弁護士に相談依頼してみてください。

過払い請求で多重債務から解放されます

多重債務で困っているなら、借金相談を弁護士に行うことで、任意整理を行えます。任意整理は、支払い期間の延長や借金の減額を求めて、金融機関と借主側が直接交渉を行います。裁判所を通さずに直接手続きをします。

最も使われる手法が過払い請求で、利息制限法に基づき、利息を返金してもらう手続きとなります。借金が多くある場合には、多くの利息を支払っている可能性が高く、借金の大幅カットをすることも出来ますし、借入れ業者を1本化し、具体的な支払い計画を表示することで、支払い期間の延長をすることも出来るので、無理なく借金を返済することができ、借金の完済をすることも出来ます。

大阪、神戸、京都で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い金請求に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら