多重債務者が過払い請求した場合

過払い請求は、貸金業者に借金をした人がグレーゾーン金利で払い過ぎたお金を返してもらうための請求です。貸金業者にお金を返し終えて取引を終了した人だけでなく、返済途中でも請求が可能です。

取引期間が長いほど戻ってくるお金は高額になります。返済が終わってから10年経つと時効となり、請求権が失効してしまいます。そのため、弁護士へ早めに相談をするのがよいでしょう。多重債務者が貸金業者から借りたお金が用意できない場合、グレーゾーン金利で以前払いすぎた分のお金を返してもらって、返済にあてることもできます。返済が滞ってしまっている場合は、過払い金の有無を調査してもらいましょう。

過払い請求をおこなうことができる多重債務者

あちこちで借金をしている人のことを多重債務者と呼んでいます。その多重債務者については、借金に追われているような人も多くいますが、返済する方法の一つとして過払い請求を上げることができます。この過払い請求に関しては、多くの人が行っている手段になりますので安心して行うことができます。

しかしながら、該当していないにもかかわらず請求をおこなってしまいますと、信用情報に記載されてしまいますので十分な調査が必要とされます。調査については弁護士が行ってくださいますので、お任せすることで確実に行ってくださることでしょう。そうして取り戻したお金を返済することができるようになります。

多重債務の際に行う過払い請求

返済不能になった借金について、個人では対処できないようであれば、弁護士や司法書士に相談することで解決することができます。弁護士や司法書士においては、様々な法律的な知識をもたれていますので、可能な限り有益な情報を与えてくださいます。その情報の一つとして、過払い請求を上げることができます。

過払い請求に関してはすでに支払いが終わっている部分の内容になりますが、その部分において過剰なお金が発生しているのであれば、請求をおこなうことで払いすぎた分を取り戻すことができます。取り戻せたお金に関しては、多重債務となってしまっていた借金の返済に充てることができますので、非常に有益な情報だといえるでしょう。

多重債務の状態でもできる過払い請求

さまざまな貸金業者で借りている人を多重債務者と呼んでいますが、そうした状態の人であっても、過払い請求をおこなうことができます。この過払い金の請求に関しては、過去に返済を終えている分に過剰に支払っているようであれば、請求を行うことで過剰に支払ったお金を取り戻すことができます。

この方法をおこなうことでお金を取り戻すことができ、借金の返済にもあてることができますので、より良い手段であることがあげられるでしょう。返済できないと債務整理での解決をおこなう前に、この過払い請求をおこなうことができるでしょう。

大阪、神戸、京都で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い金請求に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら