事例を元に交通事故慰謝料を増額する方法を考える

交通事故を起こしたさには必ずと言ってもいい程交通事故慰謝料の問題が発生します。この時に、通常の慰謝料で納得出来れば良いのですが、中には納得できない場合もあります。そんな時には、先ずきちんと自分が欲しい金額を相手に提示をし、増額申請する必要があります。

この時に弁護士に依頼をするのが一般的です。増額にあったてのポイントですが、怪我をした期間内で請求できる最大限の慰謝料を把握する事と、過失に割合がある場合には、この過失の割合を0にすることが重要になってきます。これらの事をきちんと調べたっリ把握する事によって、自分の要求した金額に近い金額がもらえる事が可能になってきます。

交通事故慰謝料請求時につきましては、最大のポイントとしましては、相手も怪我をしている場合に関しましては、治療中や治って無い時にこの請求をしてしまいますと、相手を返って怒らせてしまう可能性がありますので、相手が回復してから請求を行うのが一番良いです。事例を見て見ましても、最初の交渉ではこういった事に関しては上手く請求はできておらず、やはり法廷での争いとなってしまうケースが多いので、法廷での争いも含めて考えていく必要があるのです。

事故で被害者が求める交通事故慰謝料と成功事例について

自分には非がないのに、交通事故に遭ってしまい怪我を負うほど理不尽に思うことはないです。仕事もできないとか今まで通りの生活ができなくなったときに、少しでも交通事故慰謝料を高くもらいたいと思うのは当然のことですが、日本の場合は、被害者側が満足できるような慰謝料がでないことが多いです。

ではそのためにはまずなにをしたらいいのでしょうか?とりあえずきちんと警察に事故証明をしてもらってから、医師のいる病院に治療をうけることが必要です。適切な治療をうけても、後遺症が残ったというときには医師に症状固定という診断をしてもらうことで、等級がきめられ、交通事故慰謝料がきまります。ただ金額に不服ということであれば弁護士に依頼して加害者側の保険会社と交渉してもらうという手段をとることが必要です。

ただ弁護士といってもさまざまですから、交通事故に詳しい弁護士に依頼することが大切です。まずは弁護士事務所のホームページをみて、いろいろな交通事故の事例やそのときに、解決方法や慰謝料などを読んでみて、満足できるようでしたら相談してみるといいでしょう。そのためにもしっかりと治療をしたのに後遺症がのこったということを証明していくことが必要になります。

生活保護受給者の交通事故慰謝料請求とその事例について

生活保護受給者の交通事故慰謝料請求の事例では、少し難しい問題を含んでいます。まず、治療費については、生活保護受給者は医療扶助があるので、全額を税金から負担してもらっています。しかし、交通事故による治療費は加害者の責任なので、事故の加害者が払うべきお金を国が税金を使って負担をするというのはおかしいでしょう。

この場合、治療費は医療扶助の対象外となり、保険会社から支払われるように手続きがされるケースが多いです。あるいは、被害者にも過失があり、全額が保険会社から支払われない場合には、医療扶助の対象としてもらい、役所から保険会社に対して請求できるように手続きがされるかもしれません。

交通事故慰謝料は精神的な損害に対する賠償なので、治療費とは別にもらうことができます。慰謝料は収入ではありませんが、申告をする義務があります。慰謝料の金額が高額でない場合には、保護を一時停止にされるなどの措置がとられるでしょう。ケースバイケースとなるので、まずは役所に相談をするのが良いでしょう。交通事故慰謝料をもらったのに申告せずにいると、後から返還を求められたり、場合によっては罪となり、罰金をとられることもあります。必ず申告はするようにしましょう。

主婦における交通事故慰謝料の事例とは

交通事故慰謝料で、子供を持つ主婦の場合、独身者より高く支払われるようです。ただし交通事故により亡くなった場合になりますが、本人以外の残された夫や子供にも慰謝料が払われます。また状況に応じて父母にも慰謝料払われるケースがあるといいます。

もちろん自賠責保険では、最初から他の遺族に払うようなことは無いようです。これまでの弁護士基準で見直された事例の一つとして、亡くなった主婦に対する慰謝料が2,400万円、残された夫に200万、子供200万、父母に100万といったように、それだけ家族における主婦の役割が大きいこともあって主婦の死亡慰謝料は2,400万が基準となっているようです。

後遺障害への相談は弁護士にして適正な交通事故慰謝料の請求を

一番初めに、交通事故慰謝料を相談するのは、保険会社になると思います。いろいろな事を聞かれますが、一番説明が難しいのが、後遺障害のことについてです。むちうち等の後遺障害については、現状を自分で説明するのはとても難しく、保険会社とのやりとりでは、適正な認定を得るのは難しいです。

そんな時に利用したいのが弁護士です。弁護士を利用することによって、適正な認定を得ることが出来て、交通事故慰謝料を増額することが出来ます。保険会社の提示してきた、慰謝料に納得が行かない場合は、弁護士に相談をして適正な慰謝料を、請求するようにしてください。

交通事故慰謝料の相談は、専門の弁護士へ

家族が交通事故の被害に遭い、死亡事故が起きた場合の交通事故慰謝料の相場は、家庭内での役割がどうだったかによって違いが出ます。例えば、一家の大黒柱であった人が亡くなれば2,800万円、子育てをしている配偶者がなくなると2,400万、高齢者やその他は2,000から2,200万円といわれています。

でも加害者側の保険会社ではその相場よりかなり低い金額を提示してくるようですから、注意してください。弁護士を通すことで、相場以上の増額が期待できますから、是非交通事故に強い弁護士に相談してください。自分で保険会社と交渉するのは、精神的な負担を再び背負うことになります。

交通事故示に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら