弁護士法とはどんな法律か

弁護士は資格を取得できれば自分の好きな様に仕事ができるという事でもありません。彼らもまた法律において定められた内容をしっかりと守る必要があります。

もし、違った事をすると法律違反として罰せられる事になります。ひどい場合には資格をはく奪される事もあります。その法律とは弁護士法と呼ばれるものです。仕事の範囲や資格または使命などが細かく定められています。

そのため、かなりの分量となります。資格があって仕事をする人以外は、自分に直接関係がない事も多いのではないでしょうか。

しかし、法律に興味を抱いている人はオンライン上でも公開されていますのでぜひ目を通してはいかがでしょうか。

弁護士大阪みお綜合法律事務所へのご相談。大阪駅前にある大阪でも有名な弁護士事務所です。

仕事ができる弁護士

弁護士と言っても、それぞれの弁護士で意見が違うことがあります。
現在、弁護士が扱う法律は非常にたくさんあります。
解釈の仕方によって適応する法律が変わってくることもあります。

はっきりと分かりやすいケースもありますが場合によっては曖昧な場合もあります。
その際に参考になるのは、過去の裁判の結果です。

現在までにたくさんの裁判が行なわれてきました。そのため、過去に似た内容の裁判が行なわれている可能性もあります。

弁護士に相談する場合はぜひ一度参考にしてみたいですね。

依頼した際にかかる弁護士の費用について

弁護士に相談する時に気になるのが弁護士費用だと思います。高額なイメージがありますがどのような費用が発生するのか紹介します。

弁護士の費用は主に着手金、報酬金、手数料、手続きなどの諸費用、旅費、日当などの種類があります。

着手金とは依頼をした時にかかる費用です。
報酬金とは解決した後に支払うお金になります。

着手金と報酬金は経済的利益などを基準に算定されることが多いようです。

その他に、法律相談料、書類などの鑑定料、顧問料などが発生する場合があります。依頼する時は、明確な料金設定をしている法律事務所を選ぶようにしましょう。

弁護士の力を借りるかどうか

これは弁護士に相談して解決した方がいいだろう、とはっきりしている事もあります。

例えば、借金でどうしようもなくなった際には、弁護士の力が必要になる事が多いでしょう。しかし、身近で小さな事であれば、この程度の事であれば弁護士に相談すべきか、どうかいう事で迷う事もある様ですね。

それほどの金額でもない遺産に関する遺言書の作成やご近所とのトラブルなどの場合には、迷う事もある様ですね。本人が相談したい場合には相談するといいでしょう。

また、相談しなくてもいい、という場合には相談しないという選択肢もあるでしょう。ネットでいろんな例について調べたり無料相談を利用して、参考にするというのも一つの方法でしょう。

弁護士と税理士はどちらも素晴らしい仕事

弁護士と税理士は共に難関の試験を突破したスペシャリストです。並大抵の努力ではなる事が出来ない専門職であり、持ち前のスキルで市民の悩み事をたちまち解決してくれます。

両者とも法律や税務に詳しい専門職ですが、得意分野はそれぞれ別々です。隣人トラブルや遺産相続や親権争い、夫婦の離婚調停や民事訴訟などは弁護士に相談を、確定申告や青色申告や白色申告に関する問題は税理士に相談するのがベストです。相談内容と訪ねる事務所があべこべでは、お互い対応に困ってしまいます。オフィス街は似たような事務所が隣接している事もありますので、相談に行く際は階数や場所よく確認しておきましょう。

個人でも弁護士は相談に応じてくれます

弁護士と聞くと、相談に行くのもなんだか戸惑ってしまいがちですが、相談は個人の相談でも応じてくれます。初回の相談については無料で応じてくれるところもありますので、自分が相談したい内容をまとめておき、相談したいと思う弁護士事務所、法律事務所にまずは電話で相談をしてみると良いでしょう。

電話の内容で応じるか応じないかの返事を聞くことができます。そのときに初回の相談料が無料か有料かを確認しましょう。相談内容は民事のものでも刑事事件のものでもあれば基本的に応じてくれます。法律にまつわるものであれば、弁護士は最後までしてくれますので、安心して相談すると良いでしょう。

人柄も重要な弁護士

法律を扱う仕事というのは本当に難しい事もあります。依頼者の主観だけではなくて客観的にどうかという視点も必要になってきます。

問題が最もいい方向に進んでいき、最終的に双方が満足できる様な解決が求められます。そのために弁護士として十分に役目を果たせるという事は何よりも大事な事でしょう。

しかし、本人の人柄という事も問われます。利用者は同じ相談するのであれば、できるだけ人柄がいい所に行って相談したいと考えている事でしょう。

人柄は生まれつきのものも大きく、後から努力して変えるというのも大変な場合があります。弁護士に求められるものは非常に高度で、この仕事をするのはとても難しい事だと思います。

開業するなら弁護士をつけよう

どんな業種であっても、これから開業する事を視野に入れているのであれば、ぜひ弁護士をつけておきたいですね。

会社に雇われて仕事をしているのであれば、何かあった時には会社が対処してくれる部分もありますが、開業するのであればその様にもいきませんね。

すべて経営者が何とかしないといけません。会社の多くが顧問契約を行っており、困った時にはすぐに相談し対処できる様な体制を整えている様ですね。

いつも何かあった時にはどうしよう、という不安を抱えながら仕事に取り組むのではなくて、不安がない状態で仕事ができる様にしておきたいですね。法律事務所やホームページは準備する人が多いですが、弁護士も欠かす事ができませんね。

弁護士の仕事のイメージ

弁護士は、依頼者の人権を守ることが仕事です。

悩みを解決してくれるので正義のヒーローのようなイメージもありますが、時には犯罪者の肩を持つ場合もありますので、精神的に負担が大きい仕事です。

弁護士は個人で働く人もいれば、法律事務所に所属して働く人もいます。

また、抱えている案件も様々で企業の問題や国際問題もあれば、個人の金銭トラブルや離婚問題などもあります。

幅広く活躍しているので、たくさんの知識が必要になります。

弁護士が主役となるテレビドラマ

かなり前から現在に至るまで、弁護士が主役となるテレビドラマが放送される事もあります。

裁判所で活躍する場面などは定番と言えるかもしれませんね。弁護士という職業はテレビドラマの中だけではなくて、実際にも困難な状況に立ち向かっていきます。

無事に解決する事ができれば、社会や人に与える影響が大きい場合もあります。テレビドラマでは次々と難題をクリアしていく様子などが取り上げられる事も多いかと思います。

見ている視聴者にとっても、続きが気になる事もあり、ハラハラしたりワクワクしたりしながらテレビに釘付けになってしまう事もありますね。また、時には勇気をもらえる事もあります。

大阪の男性弁護士について

大阪の法律事務所には男性・女性双方の弁護士が存在します。依頼する問題によっては、特定の性別の方が気持ちをスムーズに伝えることができるので、弁護士選びの参考になります。男性は一般的に細かな感情の機微を気にしない傾向がありますが、問題を全体的に見て優先順位を決めて行動するという、冷静な判断能力に長けているとされています。

離婚問題など感情が強く関わる問題を解決する場合、親権や慰謝料などの様々な問題を同時に解決する能力に長けている方が、解決にかかる手間が省ける可能性が高いのが特徴です。一方、感情の機微を深く理解してほしいと望むなら、女性を選んだ方が信頼関係を築きやすいケースもあります。弁護士の男女比は圧倒的に男の人の方が多いため、必然的に多くの候補の中から選びやすいというのも事実です。

女性と限定してしまうと、選ぶ範囲も狭まるというデメリットがあります。特に事務所には細かい打ち合わせを行うため、何度も足を運ぶことになります。利便性のためにもなるべく近い場所にある法律事務所を選びたいものです。もちろん人間関係は性別だけで決まるものではありませんので、話しやすい人や気持ちを理解してくれると感じる人に依頼するのも正しい選び方です。

大阪弁護士会

HP

〒530-0047 大阪市北区西天満1-12-5

弁護士や司法書士に相談に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら