法律が変わる以前の司法書士

法律が変わる以前であれば、司法書士は法廷に立つという事が許されていませんでした。

現在では司法書士は、登記だけではなく過払い請求を行う機会が増えている様です。

特に個人の借金で少額な場合などは過払い請求を行う事もできます。債務者は本当にお金に困っている人もいます。

少しのお金であっても取り戻したいと強く思っている人もいる様です。返済で大変な人はすがる様な思いでやってくる人もいます。

弁護士に相談する事もできますが、司法書士の方が相談しやすいという人もいる様ですね。

実際に司法書士事務所、司法書士のいる法律事務所のホームページを見ても、過払い請求を行います、という宣伝をメインで出している所もあるくらいです。

司法書士の過払いにおける仕事範囲

同じ過払いの依頼をした場合にも、若干弁護士と事情が異なって来るのが司法書士です。司法書士に過払いの事で相談する場合には、彼らの仕事範囲について知っておくと便利な事もあるかと思います。

司法書士の中には、自社のホームページにおいて、過払いの相談を希望している顧客向けに仕事範囲を分かりやすく説明している場合もありますので、参考にしてみるといいかと思います。

司法書士の過払いにおいてできる仕事というのはすべてではありません。少額の借金ですでに完成いている場合などには、司法書士の方が手っ取り早い事もあるかもしれません。彼らに対して過払いの相談をするかどうかは、仕事内容を把握してからでも遅くはないでしょう。

登記や借金問題を扱う司法書士

司法書士が行っている仕事内容は多岐に渡ります。
そして、その内容は司法書士法という法律の中に詳しく記されています。

法律に記されているので、司法書士の資格を所有しない人がこれらの業務に取り組む事は法律違反となり、厳しく罰せられます。

司法書士が行う業務は不動産や商業などの登記、法務局や裁判所などに提出する書類の作成などがメインになってきます。また、金額の制限はありますが、借金問題などを扱う事もあります。

このように司法書士は私たちの生活に密着した事を扱う事が多いのではないでしょうか。

比較される司法書士と弁護士

司法書士はよく弁護士の行なっている業務内容と比較される事が多いみたいです。

その理由は司法書士が行なっている仕事の内容は債務整理、自己破産、過払い請求などを含め弁護士の仕事とよく似ている部分が多いからです。

しかし、全く異なることもあります。

司法書士の仕事は弁護士の仕事に比べると制限される場合があります。例えば借金問題の場合、取り扱うことができる金額が少額となり、大金の借金問題は取り扱うことができません。

また、弁護士は基本的に法律に関する案件を得意とします。そして、司法書士は不動産や会社の登記や、裁判所とかに提出する書類を私たちの代わりに行なってくれたり、手伝ってくれたりします。また、借金に関する相談などは弁護士と司法書士の両方が行なっていますが、司法書士には金額的な制限があります。

個人再生などの対応をしてくれる司法書士

司法書士事務所の中には、一般の方からの借金相談に応じている事務所もあり、困っている時には気軽に相談に乗ってくれます。借金に関する問題は、一人で悩んでいるだけでは解決していくことができないので、業務として様々な事例を経験している専門家からアドバイスを貰ったほうが良いでしょう。

場合によっては、自己破産や個人再生、任意整理など法的な手続きなどが必要なケースでもアドバイスを貰うことができます。司法書士が対応してくれることで、相手と過払い金の交渉が必要となってしまうようなケースでも、代わりに交渉の場に立ってくれるので、相手も請求に応じてくれる可能性が高くなるでしょう。

司法書士にできる手続きについて

司法書士ができる手続きは、主に登記の申請を行うことや法律文書を作成することです。ただし、一定の条件を見たす案件についての法律相談を受けることは可能です。そのため、借金相談をしている司法書士もいます。

弁護士に比べると、金額が高い案件についての相談はできませんが、少額の借金については扱えますし、そういった問題は難しい判断もあまり必要ないため、司法書士でも十分対応することができます。そのため、費用をかけたくないけれど、借金相談をしたいという方にはおすすめです。具体的に扱える案件は、訴額が140万円以下である案件です。

過払いのみなら司法書士も検討

弁護士はハードルが高く感じられるので、できるだけ司法書士に過払いの相談をしたいという事もあるでしょう。他に借金の問題を抱えている場合や、負債額が多額となる場合には、過払いを司法書士ではなく弁護士に相談した方がいい場合も多いと考えられます。

しかしながら、すでに借金は完済しており、後は過払いのみを解決できればいいという場合には、司法書士でも問題ない場合もあると思われます。また、司法書士と言っても誰でもいいわけではなくて、過払いの経験や実力を備えている人を見つけるのが好ましいと思われます。気軽に相談する事ができる司法書士に過払いの相談をする事によって、何事もなく取り戻す事ができればいいでしょう。

多くの訴訟代理が不可の司法書士に過払い相談

いかなるケースにおいても訴訟代理ができる弁護士に比べて、司法書士は多くの場合、訴訟代理はできません。そのため、過払いの相談をしたが、取り戻せない場合に訴訟をしたいという場合においては司法書士ではなくて弁護士の方が好ましい事もあるでしょう。

しかし、過払いでも訴訟をする予定は全くない場合で、他にも司法書士が対応できる条件を満たしている場合には、過払いの対応ができる司法書士を見つけるのもいいでしょう。

過払い相談は、特に大きなトラブルが発生しているという分けではないので、簡単に解決してしまいたいと考える人が多い様です。司法書士に過払い相談する事によって、きっと良い結果となるでしょう。

過払いを集中的に行う司法書士

すべての司法書士が全く同じ仕事をしている分けではありません。中には登記を集中的に行う人もいれば、過払いを集中的に行う人もいると思われます。過払いを集中的に行う司法書士は、webサイトなどで過払いをアピールしている事が多いので、さらに過払いの対応を行ってほしいという人がその司法書士の元にやって来る事もあります。

大手の司法書士事務所、法律事務所などであれば、過払いなどだけでなく、司法書士が扱う事ができる業務全般を行っている事が多いと思われますが、個人で開業している場合には、この様に特定の分野だけを扱う人もいる様です。専門外の相談を行ったとしても、断られてしまう事もありますので気を付けましょう。

どのような場合に司法書士を頼るのか

借金を負っている方が、返済への悩みを持つ場合、あらゆる債務整理によって解決させることができます。債務整理の方法が複数存在する中で、借金の返済ができない債務者の債権者に対して清算し、債務者の経済を再生させる制度のことを、一般的に自己破産と言います。

大阪や東京などの都市部を中心に、司法書士が存在する法律事務所は至るところにあります。相続や不動産の名義変更のほかにも、借金問題なども取り扱われています。専門家によってどのような手順で手続きを行うと良いのか、さらに借金の悩みに代わるデメリットの比較なども、親身に相談に乗ってもらえます。

司法書士の業務内容とは

大阪など都市部を中心として、司法書士が在籍する法律事務所が数多くあり、相続や不動産の名義変更だけでなく、借金問題についても、様々な事項が取り扱われています。借金を負いながら返済への悩みを持つ場合、複数の債務整理による方法から解決させることができます。

また、自力での借金の返済ができなくなってしまった債務者の債権者に対して清算し、債務者の経済を再生させる制度の事を自己破産と言います。どのように手続きを進めれば良いのか、また、本当にその方法が自分に適しているのか、専門家の人と一緒に客観的な目線も交えた上で、判断することができます。

大阪で多重債務による債務整理、過払い請求の相談なら

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

弁護士や司法書士に相談に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら