債務整理

何かと手間がかかる事が多い過払い請求は、それだけの依頼にやってくる人は少なく、債務整理の依頼に来た人に他の手続きと併せて同時に行ってしまう事が多い様ですね。

司法書士に借金の相談をすると、最初に借り入れと返済の状況、収入などを把握し、どうすれば少しでも減額できるのかという事を考えます。

過払い金が発生しているという場合には、請求しそれでも返済が厳しい場合には別の解決方法も利用される事があります。場合によっては自己破産と同時に行われる事もあります。

司法書士に相談すると、借金返済も自立して生活していかないといけないので、お金のやりくりについても助言してもらえる事もあります。

債務整理に強い法律家を選びたい

同じ債務整理を行うのであれば、借金関連案件に強い法律家にサポートしてほしいと考える事でしょう。債務整理は金額の大小によって司法書士か弁護士か自由に選べる場合もあれば、必然的に弁護士を選ばないといけないケースがありますので、その点を理解したいですね。

法律家としての実績がたくさんあるという事は重要ですが、さらに債務整理の実績がどうかという事について公開している場合には注目してみるといいでしょう。

また、弁護士や司法書士のHPなど紹介されているものをみると、債務整理の紹介が大きく行われている場合には、この分野に力を入れている場合が多いと思います。

法律家の専門分野が債務整理であれば、期待できそうですね。

債務整理を司法書士に依頼する相談料

債務整理を司法書士にお願いしたくても、先立つものが気になります。法律家は相談するだけで何千円、という話も聞きますし、相場も分からなければ不安ですよね。

しかしちょっと待った!費用のことが「わからない」だけで、相談をあきらめるのはもったいないですよ。司法書士に債務整理を依頼する場合、その報酬は概ね相談料、着手金、基本報酬とその他の成功報酬に通常は分かれることが多いです。

相談料は初回のみ、あるいは何度でも無料のところは多いです。基本報酬は相談のときにきちんと教えてもらえますし、成功報酬は生理学によって決まるものです。基本報酬にも大体の相場があり、一社あたり2万~3万5千円くらいで引き受けてもらえるところもあります。まずは一人で悩まないで、専門家に相談してみましょう。

債務整理の前には専門家に相談を

複数の消費者金融業者やクレジット会社に対して多額の債務を抱えている多重債務の状況に陥った場合には、早急に債務整理を考えるべきです。しかし、手続きを行う前には必ず弁護士などの専門家に相談したほうが確実といえます。

債務整理には『個人再生』や『自己破産』といった法的手続きから『任意整理』や『過払い金返還請求』といった様々な手続きがあります、どの手続きを選択するかは、債務者の状況に応じるのですが、誤った選択を行ってしまうと、債務整理手続き以降の生活にも影響してしまいます。適切な手続きの選択については、やはり専門家に相談を行ったほうが確実なのです。

消費者金融から借りたお金は債務整理をする

消費者金融からお金を借りすぎて、自殺をするしかないと考えている人もいますが、知識を身につければそんな結末を迎えることはありません。債務整理をすることで、実際にお金が戻ってくる場合もあり、特に闇金から借りた場合は過払い金請求として、法定金利を超えている分の利息を取り返すことができます。

債務整理というと悪いイメージしかないかもしれませんが決してそうではないのです。弁護士に相談をすることにより、お金が返ってくるケースもしばしばあるので、自分ももしかしてと何か思い当たる人は一度相談してみたほうがいいでしょう。

債務整理や個人再生を失敗しないためにすべきこと

債務整理や個人再生を失敗しないためにすべきことは、有能な弁護士を利用することです。債務整理の場合は交渉によって合意を形成していく必要があるので、その側面が特に強いです。ノウハウを持っている、実績が豊富な弁護士を利用するのがそのためには有益です。

弁護士の中にはそれを専門として扱っている方がいますので、利用するならそういった弁護士を選びましょう。個人再生も、きちんと法律の手続きを履践していかなければ申し立てても開始決定をもらうことはできなくなりますので、これまで案件をこなしてきた人を選んだほうがスムーズに事が進み、失敗しにくくなります。

債務整理のうち個人再生は、アルバイトでもできるの?

債務整理のうち、個人再生をするには一定の返済能力があることが必要になります。なぜなら、自己破産のように借金をゼロにすることはできず、最低でも100万円は残ってしまうからです。さらに、弁護士費用も50万円前後かかってきます。

そのため、アルバイトをしている人にとっては、少しハードルが高い手続きになるかもしれません。アルバイトをしている人でも、残った借金を返済していけるだけの能力があると認められれば、個人再生ができることもあります。任意整理をしたほうがよいケースも多いので、債務整理をするときは、まずは弁護士に相談をしてみて、適切な手続きをとるようにしましょう。

債務整理や個人再生の基準について

債務整理は、私的に行われるものであるため、具体的な基準が設けられているわけではありません。当事者の交渉で、具体的な支払い内容について合意します。そういった性質なので、相手が応じてくれるとは限りませんし、合意内容は当事者間の合意次第で変わります。

ただ、返済が可能ということが前提となります。債務整理をしても支払いが不能なようでは、合意を形成することは無理です。個人再生の場合は、基準が法律によって差だえられています。ただ、こちらも債務性が個人再生をするのに十分な収入が確保できないようでは、打ち切りとなります。

多重債務者の調査から債務整理の利用までの流れ

借金を繰り返して返済不能になっている多重債務者が苦しむことなく借金を整理する制度が債務整理で、これらを利用するには先ずはじめに自分の借金の内容がどのような状態であるか具体的内容を調査する必要がありますが、早期解決には法律に基づいて行う必要があり、そこで利用したいのが債務整理の専門家である弁護士です。

弁護士は借金の内容を調査後、任意整理、個人再生手続、自己破産、特定調停という四つの債務整理の方法から借金を整理することとなり、多重債務者に代わり裁判所や債権者と法律に基づいた様々なやりとりを行います。このように弁護士の早めの利用が早期解決につながります。

債務整理の中で任意整理が最もリスクが少ない理由

貸金業者などから借り入れを繰り返し、返済の見通しが難しくなってしまった場合に債務整理が行われます。弁護士に相談した時に最初に提示される方法が任意整理です。自己破産や個人再生に比べて唯一裁判所の介入がない方法です。

自己破産のように借金が全額免除されるわけではありません。過払い請求といわれるスレ―ゾーンで払いすぎたお金を引き算して借金を減らします。将来の利子もカットして元金だけを返します。期限を3年から5年に延ばして借金を減らして必ず返していく方法です。貸し金業者との合意があれば成立します。なんといっても弁護士の交渉力が大きいのです。

大阪、神戸、京都の弁護士、弁護士法人みお綜合法律事務所で債務整理、任意整理の相談をしよう

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

債務整理、自己破産に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら