ブラックリストと過払い請求

よく聞くのが過払い請求を行うとブラックリストに掲載されてしまうという事です。ブラックリストに自分の名前が掲載される事になると、クレジットカードを持ったり、ローンを組んだりする事ができなくなってしまいます。

しかし、一生その様な状態だという分けではないようです。ある一定の期間は確かに記載されたままの状態にあるようですが、一定の期間を過ぎると削除されるそうです。しかし、現在では過払い請求の際にブラックリストの心配をする必要はなくなりました。

契約見直しが廃止となった現在においては、過払い請求を行っただけではブラックリストへの登録は行われないようです。

これなら安心して手続きを行う事ができますね。

過払い金の可能性があるなら相談すべき

過去に借金をしていて、もう返し終わって安心している人は多くいるでしょう。しかし、過去に借金をしていた人には過払い金が発生している可能性があります。法律で定められている金利以上に払い過ぎている場合、返還請求をすることができます。

過払い請求を自分ですることは難しいので、弁護士に依頼のが最善の方法です。もしも、自分が過払いになっているかわからない場合でも、相談した方が良いです。過払い金は請求をしなければ絶対に戻ってくることはないので、少しでも過去の借金に疑問を持っている人は必ず相談をするべきでしょう。

複数の金融機関から多重債務がある時に過払いしてたら

複数の金融機関から多重債務がある時に過払いしていたときに判明した場合、まずは頑張って完済しましょう。もちろん、過払い金を取り返すこと自体は弁護士事務所に相談すれば取り返すことは可能です。しかし、それは借金を全額返済後でないとできません。

こういう面倒なことになるので、収入に見合わない額借金ましてや多重債務を複数の金融機関に対して背負うのはよほどのことがない限り避けるべきです。でないと、返済の時に苦しくなりますし、延滞を繰り返し、金融事故を引き起こす大きな原因となります。冗談抜きでご利用は計画的に。

過払い請求ができるか判断する基準は?

過払い請求ができるか判断する基準は、数多くの債務者の間で関心が寄せらており、返済期間の長さに着目をすることで、速やかに対応を取ることが可能となります。

最近では、過払い請求に関するサポートが行き届いている大手の法律事務所に対するニーズが高まっていますが、将来的な不安を取り除くために、親切な対応をしてくれる弁護士や司法書士などを選ぶことが肝心です。

そして、過払い請求の手続きの取り方について具体的に知っておきたいことがあれば、実際に裁判上の対応をしたことがある人から直に話を聞いてみることが良いでしょう。

家族に伝えず行う過払い請求

借金をしているという事は、家族に伝えられないでいるという人もいます。そんな人は、過払い請求を行う際にも家族に知られたくないと考える人もいます。過払い請求を弁護士などに依頼する人が多いですが、弁護士は家族になるべく知られる事がなく、連絡しないといけない事があった場合には、本人に直接伝えてくれるなど、配慮してくれる事もあります。

過払い請求の相談を行う際には、弁護士にその事についても相談してみましょう。家族に知られる事がなく、無事に過払い請求を行って取り戻す事ができればいいでしょう。また、過払い請求の他にも借金の事で相談する場合にも、家族に伝わってしまわない事を希望する人もいます。

過払い請求とグレーゾーン金利

個別のケースによって、過払い請求を行う事ができるかどうかという事は違ってきます。過払い請求ができるかどうかという事は、何によって決まっているかという事が、グレーゾーン金利が深く関係しています。

利子が、グレーゾーン金利に該当している場合には、過払い請求を行う事ができます。利子の金額が低くグレーゾーン金利に達していないという場合には、過払い請求を行う事はできません。

現在では法律が改定された事により、グレーゾーン金利が発生しなくなりましたので、最近借入を行ったという人は、過払い請求ができない場合が多いですが、改定以前に借入を行っているという人は、該当の可能性があります。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

過払い金請求に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら