債務整理は場合により大きなデメリット

近年では借金が非常に手軽に行えるようになりました。
給料日までにお金がなくなってしまったけど、欲しい物が見つかったという場合でも借金をする人がいます。

お給料が振り込まれてから返済しようという人がいます。

高額でなくても小遣い程度の金額なら多くの人が簡単に借金できるようになりました。
しかし、借金は恐ろしいものです。何らかの理由で返済できなければ利子が膨らんで返せなくなります。

そうなれば債務整理を行わないといけません。

債務整理は場合により大きなデメリットがありますので注意しましょう。

債務整理を行うデメリットについて

多重債務者など、自力で借金を返済していくことが困難になった方がとる手段として、債務整理があります。これは、借金をなくしたり減免したりするなどの効果を得られるため、首が回らない人でももう一度やり直すことができます。

ただし、債務整理にはデメリットもあります。法的整理であれば、その情報が官報に載るため、周囲にばれてしまうことがあります。また、これも法的整理の場合ですが、一定の職業に就くことができなくなります。復権すれば就くことができますが、一度そうなれば今まで働いていた職場を解雇される可能性が高くなるため、将来的な収入を失ってしまう恐れがあります。

弁護士に債務整理を依頼する場合のデメリットとは

債務整理を検討する場合に、問題となるのは弁護士などの専門家に依頼するかどうかという点です。依頼をすれば当然、手数料がかかることになります。

通常、自己破産などのように債務額が大きい場合には、多少の手数料が発生したとしても、それを上回る十分なメリットがありますので問題ありませんが、そうでないケースでは、思わぬデメリットが発生することもありますので注意が必要です。

例えば、債務整理の中でも過払い金返還請求を弁護士に依頼した場合、十分な返還金があればよいのですが、返還金がほとんどなかったようなケースでは、手数料だけがかかってしまったなどということにもなりかねません。

このようなこともありますので、事前に検討する必要がありますし、できれば、多くの法律事務所などが提供している無料相談を受けてみることが大切です。

債務整理と過払い金って?

利息制限法を超える金利を設定して貸し付けを行っている貸金業者に対しては、債務整理を司法書士や弁護士などの専門家に頼むことで、過払い金請求をしてもらうことができ、利息制限法を超える利息分の返還を受けることができます。

過払い金は、払いすぎていた利息を取り戻せるので、まだ残っている借金の元本部分もなくなり、お金を取り戻すことができるものとなります。

債務整理については、専門に業務を行っている法律関係の事務所に依頼すれば、消費者金融や貸金業者への返還請求にも慣れているので、スムーズに取り戻してもらえるでしょう。

債務整理(任意整理と自己破産の関係性)について

任意整理と自己破産は、債務整理の手段における方法の一つとして知られています。これらの方法は、借金に苦しんで返済できなくなってしまった人に対しての法的な救済策になります。借金の総額や支払い能力、財産などによっても手段は変わってきます。

一人で悩むには大変な内容になりますので、借金問題を専門としている専門機関などに、相談をしてみることが大切です。最近では法律事務所だけではなく、司法書士の所属する事務所や、国が設置している法テラスなどで、相談することが可能になっています。相談しやすい環境とも言えますので、うまく活用をすることでより早期に解決へ導かれるはずです。

自己破産も含まれる債務整理

借金に悩む方が、任意整理や民事再生などの債務整理を行う場合、さらに全額の返済が困難な場合には自己破産の手続きも考えられるケースがあります。裁判所への申請により、借金額が帳消しとなる方法です。

差し迫っている借金問題のストレスから解放されるだけでなく、以降の収入は日常の生活費に全て充当させることも可能となるため、将来設計の立て直しを行うこともできるようになります。一定の財産を手放したり、個人信用情報などへの影響は避けられないものの、普段の生活に関しては、支障をあまりきたすことなく生活することができます。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

債務整理、自己破産に関する記事

多重債務を解消するための過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事は責任は負いかねます。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉、東京には信頼できる多くの弁護士事務所(交通事故弁護士)、司法書士事務所があります。

多重債務からの債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら